c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

爪水虫は、足の水虫と同じ白癬菌が爪の内部に潜んでいる状況のことを言います。

爪の内部に白癬菌が潜んでいるので、病院では飲み薬での治療が勧められますが、飲み薬には副作用があります。

その他には塗り薬やレーバー治療があります。

今回は、こういった爪水虫の治療方法についてお話していきます。

爪水虫の治療は時間が掛かる!?

自分が爪水虫と発覚したらすぐに治療することが大切です。

爪水虫は爪の内部に白癬菌が溜まっているので、自分の他の指や他人に感染してしまうし、治療自体に時間が掛かります。

しかし、爪水虫は自覚することが難しいので、自分が爪水虫だって気づくのに時間が掛かる場合が多いです。

痛み・かゆみが殆どないので、気づいた時には爪がボロボロになってきたり、色が変色してきたり、爪に厚みが出てきたり、、とかなり進行した状況になっているってケースが多々あります。

こういった症状がある場合は、爪水虫であることを疑った方が良いのですぐに治療に入りましょう。

爪水虫の治療方法

爪水虫の治療方法は薬です。

薬には「飲み薬」と「塗り薬」とありますが、「飲み薬」のが効果的と言われています。

その理由としては、市販の「塗り薬」の場合は白癬菌を殺菌する薬なのですが、爪の内部まで浸透しないものが多いってことが挙げられます。

つまり、通常の水虫でしたら、塗り薬で白癬菌を殺菌することができますが、爪水虫の場合は爪の内部に白癬菌が潜んでいる状況なので、そこまで塗り薬だと届かないケースが多いってことです。

しかし、飲み薬にもデメリットはあります。

飲み薬の場合、肝臓の機能が正常でないと副作用が生じるのです。
なので、病院では血液検査が必須となり、そもそも肝臓に異常がある場合は、飲み薬を処方されることはありません。

爪水虫の治療期間

爪水虫の治療期間は長期にわたるケースが多いです。

自分で見た感じだと「治った!」って思って薬をやめてしまうと再発するって事例がたくさんあります。

爪の生え変わりの時間も、足の親指で6ヶ月、小指では1年と言われていますので、長期的な治療が必要になります。

「飲み薬」「塗り薬」以外の治療方法は!?

「飲み薬」「塗り薬」以外の治療方法についてですが、レーザー治療があります。

レーザー治療では副作用の心配はほとんどなく、麻酔も必要ないので安全です。

その上効果が期待できる治療方法ですが、1ヶ月に1回レーザー治療を行い長期的な視野が必要となります。

また、レーザー治療の場合は「自費での治療」となりますので、ちょっと難しいって場合が多いかもしれません。
こういったことから、放っておくと自費でレーザー治療でないと治せないってことになりうるので、早期発見、早期治療をおすすめします。