6d835560da2bc2b56f6ceafc4302155d_s

水虫(爪水虫)の原因である白癬菌は、カビの一種なので高温多湿な場所を好みます。

なので、基本的に足は常に乾燥している状態を作れるのが理想です。

しかし、一般的な職業のサラリーマンの場合の多くは革靴を一日中履いたりしているので、足が蒸れている状態が長く続きます。

一日で足って200mlもの汗をかいているんです。

革靴でなくても、安全靴や作業靴を履いている仕事の場合や、そもそも水を扱う仕事の場合など、足が湿っている時間が長い人はかなりいます。

40bd9de54e8480759ba651789d874417_s

女性の場合はハイヒールやブーツなどがそれに該当します。

ハイヒールを重心が指先に集まりますので、指と指が重なり合っている状況が長く続くので、足が湿っている状態になりやすいです。

ブーツの場合は、冬でも暖かく通気性が悪いので、ジメジメと湿っている状況ですね。

こういった、湿っている環境を水虫(爪水虫)の原因である白癬菌は好みますので、水虫(爪水虫)の場合は、なるべく足を乾燥させてあげる時間を確保しましょう。

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

オフィスで働いている人の場合は、社内ではサンダルを履くようにしたり、安全靴や作業靴、水回りの仕事をされている方は、休憩中に足を拭いてキレイに乾燥させてあげるってことを心がけてください。

こういったことが治療にプラスして改善効果をもたらせてくれるので、基本的には足を乾燥させるサンダルなどを履くようにしましょう。

サンダルで注意点として念のためにお伝えすると、健康サンダルのようなイボイボがついているタイプだと、土踏まずなどにイボイボの重圧によるタコなどができる場合があります。

こういったタコなど足の皮膚が傷ついた状況は「ゴシゴシ洗うと水虫(爪水虫)に感染しやすい!?洗い方の注意点!」でもお話した通り、逆に白癬菌が角質層にまで到達しやすくなってしまい、水虫になりやすい環境になりますので注意しましょう。

また、毎日同じ靴を履くのではなく、2~3足をローテーションで履くなどして、靴自体も乾燥させるようにすると、白癬菌の活動は大人しくなりますので効果的です。

また、靴下も蒸れにくい素材がおすすめですので、シルクや綿の通気性の良いものにして、一日に何回か履きかえることがおすすめです。

5%e6%9c%ac%e6%8c%87%e3%82%bd%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

特におすすめな靴下が5本指ソックスです。

5本指ソックスは指と指の間に湿気がこもらない状況を作ってくれますので汗をかきやすい方にはおすすめです。

自宅にいる場合は、ペディキュアの時や、外反母趾を防止するトゥセパレーターなどをはめて生活するのも足の指を乾燥させますのでおすすめです。

爪水虫の自宅での治療方法やおすすめ薬は!?

9da9db1ed76c1dd89a487919383a0e4b_s

爪水虫の治療方法は!?3つの治療方法と薬の違いについて!』では爪水虫の自宅での治療方法やおすすめの薬の選び方などをまとめてあります。

自分の希望する治療方法はどれなのか?またそのメリットやデメリットはなんなのか?など確認するために見ていただければと思います。

爪水虫の治療方法は!?3つの治療方法と薬の違いについて!